ワイン買取りをお願いする場合、もし買取店が近くにない時はどうすればいいのでしょうか?実は買取店が自宅近くになくても、ワインを【宅配便で送る】【買取スタッフが出張して来て買い取る】という2つの方法があります。
ここでは【ワインを宅配便で送る】宅配買取について説明しています。基本的には送るだけで簡単に買取をお願い出来るので、忙しい方や地方に住んでいる方にお勧めです。

宅配買取は意外と簡単

LINE査定やメール査定でおおよその査定額に納得出来た場合、ワイン買取り業者に連絡すると宅配用の段ボールや緩衝剤一式を送ってくれます。もちろん発送用の段ボールを所有しているなら自前の物を使っても構いません。この場合、業者によっては査定額を1,000円上乗せしてくれるケースもあります。
少しでも買取価格を上げたいなら、自宅にある段ボールや緩衝剤を使うと良いかもしれません。この辺りは各買取業者によって差がありますので、HPをしっかりチェックしましょう。

高額なワインを宅配してもらう場合(査定価格が10万円以上など)宅配業者が保険に入っているかどうかも確認した方が良いかもしれませんね。大事なワインを宅配で発送したら傷がついてしまった、液漏れしていたとなると、査定額が大幅にダウンしてしまいます。
荷造りが終われば指定された宅配業者に連絡して荷物を引き取ってもらうだけ。着払い指定なのでお金はかかりません。宅配買取は意外と簡単ですが、ワインを送る時に免許証のコピーや買取申込書を記入して送らなければならないので、事務的手続きが発生するのが手間だと感じる方もいるかもしれませんね。

宅配買取りが向いている人とは?

ワインの宅配買取りが向いている方の特徴をまとめてみると

    1. 地方や過疎地に住んでいる方
    2. 忙しすぎて実店舗まで行けない方
    3. 事情があり自宅から外に出ることが出来ない方

このような方に向いた買取方法です。宅配買取は店舗スタッフとのやりとりがないので、人と関わるのがどうも苦手と言う方にも向いています。

宅配買取の注意点

とても便利な宅配買取ですが、どのようなワインも無料宅配で送れるわけではありません。業者にもよりますが、査定額が1万円以上でなければ着払いの宅配便が使用できないケースもあります。
また無料の宅配キットですが、査定額が2万円以上でないと送ってくれない事もあります。宅配買取に手数料がかかる場合もありますが、多くの業者では宅配買取に手数料や送料、キャンセル料などを請求する事はありません。
あまりにも高額な手数料を請求されるような場合は、お酒の買取自体お断りして構いません。