ワイン買取りにはワインの買い取り専門店を利用するのが無難ですし安全です。では、一体どのような業者を選べばいいのでしょうか?その基準となるポイントをまとめてみました。

業者選びのポイント

お酒の買取を行う業者は多数あり、なかにはお酒以外にもブランドバッグや貴金属を下取る質屋もお酒の買取を行っています。ところがワイン専門の買取業者ではないため、おおまかなワインの種類や銘柄は考慮しても、細かい部分までは査定できません。
その点ワイン買い取り専門店であれば、ワイン専門の知識をもった(ソムリエ資格保持者)が丹念にワインを査定し適正な値段をつけて顧客に提示します。1円でも高くワインを売りたい方はワイン専門の買取業者を選ぶのがコツなんです。

こだわりをもって購入したワインが安く買い叩かれるなんて最悪ですよね?
ワイン専門の買取業者を選ぶと「このワインはビンテージもの」「一部に根強いファンがいる銘柄」など、ワインに対する細かく正確な知識で適正な買取価格を提示してくれます。

直接販売ルートを持っている業者は有利

質屋やリサイクルショップの場合、ワインの買取はできるのですが買い取った商品を販売する資格をもっていないケースもあります。その場合、買い取ったワインを別の業者に販売して売ってもらわなければなりません。
何社も(何人も)間に販売業者が入ってしまうと、そのたびに手数料を取られてしまう結果に。手数料分は最初にワインを売った売り主が引き受ける事になり、結局安い価格で買い取られてしまうのが現実です。
そのためワインを買い取ってもらう時には「その買取店が直接商品を販売するルートをもっているかどうか」を見極めましょう。

実績のある業者を選ぶ

ワイン買い取り業者を選ぶコツの一つに「長く運営している業者であるかどうか」を見極める事も重要です。運営を始めて数年の業者だと、どうしても買取ノウハウや買い取ったワインの流通先の確保、信頼性などで他の業者と比べて見劣りするのが現実。
買取には専門的な知識をもった買取専門員がいなければなりませんし、専門員の育成も数年で完了する事はありません。また事業を開始したばかりのお店は評判を聞く機会も少ないため買取をお願いするかどうかの判断も付けにくくなります。
どうしても、という場合は仕方がありませんが、大事なワインの買取はできるだけ実績ある業者、評判の良い業者を選ぶ方が無難です。